お知らせ

2020/08/01
【コレステロール値】

血中コレステロールが高めの人を対象に行った実験では、1日160gの玄米を90日食べることで、
総コレステロールと、LDLコレステロールの低下が、確認できたという結果が出たそうです。

2020/07/31
【健康効果】

便秘が改善されると、腸内環境も整います。
花粉症やアトピーなどのアレルギー症状はアレルギー物質である花粉などが体内に入ってきた際に、
免疫グロブリンというタンパク質であるIgE抗体が、過剰に作られることで起こります。
腸内環境を整えることにより、免疫機能を清浄に保ち、IgEの生産を抑えられると考えられるそうです。

2020/07/30
【玄米ともち麦】

もち麦は、水溶性食物繊維を多く含むため、合わせて摂取することにより、
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を効率よく摂ることができるそうです。
水溶性食物繊維には、血糖値上昇抑制作用や、コレステロール吸収抑制作用があるそうです。
玄米ともち麦の配合は、お好みでよいそうです。

2020/07/29
【玄米と発芽玄米の違い】

玄米は、もみ殻を除いたお米です。
発芽玄米は、玄米に水を加え、わずかに発芽させたものです。
玄米のように数時間給水させる必要がなく、白米のとうに簡単に炊くことができます。
栄養価については、玄米と大差はないそうですが、
カルシウム・マグネシウム・亜鉛・食物繊維などがやや多いそうです。

2020/07/28
【玄米のデメリット】

便秘の種類(痙攣性便秘)や大腸の炎症性疾患によっては、不溶性食物繊維により、症状が悪化する可能性があるそうです。
また貧血の人は、玄米のフィチン酸が、鉄の吸収を妨げるため、摂りすぎには注意が必要だそうです。
そしてリンとカリウムを多く含む為、それらを制限している腎臓病の人は控えた方がよいそうです。

診療時間time
11:00 - 18:00×

メールでのお問い合わせはこちら

当院は、完全予約制になっております。